【NEWS】元Of Mice & MenのフロントマンAustin Carlileがマルファン症候群の治療で再び入院

Published On 2018年8月17日 | By admin | NEWS, THE FEED, TOP PICKUP

2016年末にOf Mice & menを脱退し、マルファン症候群の治療を続けている元フロントマンのAustin Carlileが、脳脊髄液が漏れて再び入院したことを自身のInstagramで明かしました。

脳脊髄液が漏れて(過去にも何度かあったんだけど)今回はそれが頭の中で溜まってしまったんだ。皮膚と頭蓋骨の間に囊胞が溜まって、そのせいで毎日いろいろな場所が腫れる。見つけて、液を出して、パッチして、診断してを繰り返してる。どこで、何が、なぜ?ってね。

脊髄液の感染って言うのかな? 静脈の広範囲に毎日抗生物質を投与して、観察して、血液培養して、観察する。ここ最近の5日間で、2つの病院でMRI、CT検査、レントゲン、超音波検査、血液検査などをやって、今はスタンフォード大学病院で専門家と一緒にさらに検査と観察をやっているんだ。

睡眠と痛みの研究のために金曜日だけここにいたんだけど、別の病院のチームが僕独自のケース/状況をサポートすることができなくて戻らなければならなかったんだ。もう一つのステップ。別のマルファン症候群のハードルを僕なりのやり方で切り離すんだ。悪い状況でもリラックスして、僕はあいつのものじゃないし、ずっと僕を抑え込めるわけじゃないていうことを思い出してね。

Cerebrospinal fluid (CSF) leak (have had multiple of them in the past) collecting in my head this time around. Pouches of the fluid are accumulating between my skull & skin leading to swelling in different areas each day. Discover, drain, patch, assessment, repeat. Where, what, why? Infection of said spinal fluid? Intro: intravenous wide spectrum antibiotics administered daily. Observe. More blood cultures, observe. Currently on day five of this, two hospitals, MRI's, CT scans, X-rays, EKG's, ultra sounds, blood work, etc. I'm at Stanford University Hospital with my specialists once again for further observation & testing. Was just here Friday for sleep/pain study but had to return when another hospital team couldn't help my unique case/situation. Another step. Another hurdle Marfan Syndrome throws in my way. Another day I get to kick it in the face & remind it that it doesn't own me, nor can it keep me down for good

Austin Carlileさん(@austincarlile)がシェアした投稿 –

              


Comments are closed.