【NEWS】Bring Me The HorizonのフロントマンOli Sykesが「ラップは新たなロックやパンクに匹敵する。ロックはソフトで退屈になってしまった。」と語る

Published On 2018年12月7日 | By admin | NEWS, THE FEED, TOP PICKUP

Bring Me The HorizonのフロントマンOli Sykesが「ラップは新たなロックやパンクに匹敵する。ロックはソフトで退屈になってしまった」とMusic Weekのインタビューで語りました。(via NME)

「だからラッパーが新たなロックンロールやパンクなんかに匹敵するんだ。」とSylesは語ります。「ロックはソフトで、退屈で粗末なものになってしまった。あまりワクワクしない。だから重要なのはクロスオーバーすることなんだ。音楽が好きな人のいる場所により属していると感じるからね。(大事なのは)どれだけヘヴィーかということじゃない。」

そしてキーボーディストJordan Fishが「僕の好きなアーティストはキャリアの中で常に変化してきた。」と付け加えます。「Radioheadは僕のお気に入りのバンドなんだ。Radioheadと僕たちを比較する訳じゃないけど、多くの人は「The Bends」が好きだと言う。でも僕は古い曲は好きじゃなくて、彼らがエレクトロに進んでからのものが好きなんだ。」

Sykesはさらに、より商業的なサウンドであったとしても「エキサイティングで刺激的」であることが重要だと続けます。

「たとえポップな曲だったとしても、ラジオで聴く曲よりも百万倍エキサイティングだよ。それはエモーショナルで深みがあって、それは常に自分を掴み、何かを感じさせてくれる。」

バンドは来年1/25に6枚目となるNewアルバム「Amo」をRCA/Sony Music(国内盤は1/30にSony Music Japan)からリリース、これまでにアルバムから “MANTRA”, “wonderful life (feat. Dani Filth)” の2曲を公開しています。
 

 

 

1. i apologise if you feel something
2. MANTRA
3. nihilist blues (feat. Grimes)
4. in the dark
5. wonderful life (feat. Dani Filth)
6. ouch
7. medicine
8. sugar honey ice & tea
9. why you gotta kick me when i’m down?
10. fresh bruises
11. mother tongue
12. heavy metal (feat. Rahzel)
13. i don’t know what to say

              




Comments are closed.